印鑑登録を正しく知る

社会人になれば誰もが「必ず必要になるから準備して置いて損は無い」と、人生の先輩各位が声を揃える大切なアイテム、それがいわゆる「実印」です。実印という名称は学生時代から耳にしていた記憶こそあれど、それが一体どのような存在であり、どのような場面に於いて必要となるのかとなると、これから実社会に羽ばたく若い世代にとっては、正直自信を持って即答出来なくても仕方ありません。

実印を有するには印鑑登録という作業が不可欠であり、印鑑登録を終えた印象が実印として公的に認識され、重要な場面に用いられる事となります。ここで思い出して頂きたいのが、同じく年長者各位が口を揃える「断じて安易に印鑑を押してはならない」という戒めの文言です。印鑑が担う役割は「確かに自分自身が認識了承しました」と、個人を特定する働きであり、うかつに第三者の連帯保証人になってしまったり、自身が理解出来ていない契約を交わしてしまった場合、そこに皆さんの実印が捺印されていれば、たとえそれが騙された経緯を辿った先であったとしても、現行の法の下では言い逃れが認められないからなのです。

幼い頃に夏休みの宿題の工作で作成した、芋などの野菜や市販のキットを用いて自ら彫った「ハンコ」とは、たった1度の捺印が語る「内容」が天と地ほど事なるのが、成人が捺印する実印なのです。過剰に所有を恐れる事無く、正しくその効力を理解の上徹底管理する事もまた、社会人としての義務だと捉えておくべきでしょう。

<特集>
印鑑登録をするような本格的な印鑑を注文できる通販サイトです ⇒⇒⇒ 印鑑

Copyright © 2014 印鑑証明の使い方 All Rights Reserved.